Simple LifeHack

Simple LifeHack

愛子さま激やせの原因は佳子さま、炭水化物ダイエット⇒摂食障害か?

愛子さま激やせの原因は佳子さま、炭水化物ダイエット⇒摂食障害か?

2016年12月1日の15歳の誕生日映像で笑顔を見せる愛子さまですが、国民は衝撃を受けました。

しばらく見ない間に「ちょっと痩せすぎなんじゃ?」と心配した国民は多かったのです。

心配する声を受けて、様々な専門家が「大丈夫」、「心配ない」を連発していました。しかし、愛子さまは9月下旬から長期欠席していることと合わせて考えれば、「本当に大丈夫なのか?」と心配するのが普通の感覚だと思います。

愛子さま激やせの原因は?

宮内庁関係者によれば、愛子さまは9月下旬から学習院を長期欠席してからしばらくは食事をとれず、点滴を受けられていたそうなのです。

愛子さまの体調について、”胃腸の弱まり”があるとも伝えられていましたが、その頃には食事をとれず、点滴を受けられていたともいいます。(宮内庁関係者)
【引用:女性セブン 2016年12月22日号】

愛子さまの病気説がないわけではありませんが、宮内庁からは愛子さまが病気を発症したという発表は今のところありません。疾患がないにも関わらず点滴に頼っている状態から察するに「摂食障害」が可能性として浮かび上がってきます。

愛子さまが炭水化物ダイエット!?

そもそも摂食障害とは、「やせたい」、「きれいになりたい」という思いが強くなりすぎると発症する精神疾患の一種です。食事をとること自体に罪悪感を覚えるので、食事を拒否するようになります。

15歳という年齢は思春期真っ盛りですから、ダイエットすること自体は珍しいことではありません。

宮内庁関係者によれば、2016年9月上旬(長期欠席する前)から愛子さまは炭水化物ダイエットをはじめられたそうです。

9上旬、愛子さまは炭水化物を抜くダイエットを始められたそうです。白米はほとんど召し上がらず、朝食はヨーグルトやジュースだけ。お昼のお弁当を残されることもあり、夕食はサラダや煮物を中心に、肉類を召し上がることも減ったといいます。
【引用:女性セブン 2016年12月22日号】

愛子さまはなぜ突然ダイエットをはじめられたのでしょうか?

もちろん、確かな理由はわかりませんが昨年の夏以降、公務の場に参加されることが多くなったことが要因の一つではないでしょうか?

一番身近なお姉さまである佳子さまが「美人すぎるプリンセス」として話題になることも多く、少ながらず自分自身が国民からどう思われているのかを意識するきっかけになったことは考えられます。

まとめ

痩せすぎであることは、誰の目にも明らかです。

しかし、摂食障害になると痩せている本人は痩せているという自覚を持ちづらいのだそうです。

愛子さまが摂食障害という説が誤りであって欲しいと思いますが、もしも事実だとすれば周囲の人間の強力なフォローが望まれます。

また最近では、英国のキャサリン妃もイベントにやせ細った姿で登場し、拒食症に近い状態なのではないかと囁かれています。

英国のキャサリン妃もイベントにやせ細った姿

国内、海外ともに皇室が抱えるプレッシャーは並々ならぬものがあるのでしょう。

18761
Return Top