Simple LifeHack

Simple LifeHack

杏と東出昌大が選んだのは海外製双子ベビーカーではなく○○だった!?

杏と東出昌大が選んだのは海外製双子ベビーカーではなく○○だった!?

杏と東出昌大さんの間に双子が生まれたのは記憶に新しいです。

子供が生まれれば買い物も自分のものだけではなくなるので楽しくなりますよね。

さて、最近のベビーカーといえばおしゃれな海外製のブランドベビーカーに注目が集まっています。海外のブランドバックをもつことがステータスになるように、海外製のベビー用品をもつことがステータスになる時代です。

しかし、杏と東出昌大さん夫婦が選んだのは、海外製のブランドベビーカーではありませんでした!

杏・東出昌大さんが選んだ双子用ベビーカー

乳母車

杏・東出昌大夫妻が選んだのは「東京乳母車」というメーカーが製造する「プスプス」という乳母車なのだそうです。

杏さんたちは『ブラックシリーズ』というワンランク上の乳母車を使用しているのですが、通常よりも車高が高いので、おふたりにはちょうどいいのでしょう。本体は約13万円で、羽毛布団やレースカーテンなどのオプションをつければ優に15万円を超えます。(芸能プロ関係者)
【引用:週刊女性2016年1月1日号】

パリコレにも出演した杏さんはファッションリーダーでもあるはず。

「乳母車」きいて拍子抜けした人もいるかもしれません。では、なぜ杏さんは乳母車を選んだのでしょうか?

杏・東出昌大夫婦が乳母車を選んだ理由

乳母車とベビーカーの一番の違いは、「スペースの広さ」と「乗り心地の良さ」です。

ベビーカーにゆられている子供を見ていると、がっちりと固定されています。寝ている時はいいでしょうが、起きている時は恐らく窮屈なんだろうなぁと思います。

杏・東出昌大夫妻は双子を授かりましたから子供の事を考えると、小さな子供の部屋がそのまま移動する感覚で利用できる「乳母車」を選んだのだと思います。

実は杏・東出夫妻が利用している「東京乳母車」では、売上の2割~3割が双子をもつ家庭からの注文なのだそうです。

乳母車といっても、東京乳母車の製品はどれもオシャレです。子供のことと、周りと被らないオシャレを追及するなら「東京乳母車」はお勧めです。

ちなみに、先ほど紹介した京乳母車のホームページは杏・東出昌大夫妻が購入したことがわかった瞬間にサーバーがダウンするほどのアクセスが集中しています。広告に宣伝してもらう以上に、「実際に有名カップルが利用している」というのは絶大な宣伝になったことでしょう。

Return Top