Simple LifeHack

Simple LifeHack

aska妻は夫の更生のために一体何をしていたのか?

aska妻は夫の更生のために一体何をしていたのか?

覚せい剤取締法違反の罪で逮捕されたASKA容疑者。

前回捕まった時に下された懲役3年と、今回の逮捕でくだされるであろう1年6ヶ月を加えた合計4年以上の実刑判決が下されることは免れません。

音楽家としての復帰は絶望的となってしまったASKAさん。

覚せい剤の再犯を防ぐためには、家族や周囲の努力が欠かせません。それにも関わらず、今回は再び逮捕という結果になってしまいました。お昼のワイドショーなどを見ていると、「ASKAさんを一人にしてはいけなかった」などとコメントする人がいますが、実際のところ家族とASKAさんの関係はどうなっていたのでしょうか?

ASKA更生に尽くした家族の支援

  1. 閉鎖病棟への強制入院
  2. 思い出の不動産を処分
  3. 娘や夢を諦める
  4. 長男は更生計画

閉鎖病棟への強制入院(1)

ASKAさんは、2016年1月に自身のブログを開設しています。ブログ開設当初は、1ヶ月限定だと公言していました。しかし、ワイドショーなどで注目を浴びたことで結局はブログは閉鎖されることなく続きました。

しかし、ブログでの内容は支離滅裂なものでした。9万文字以上の記事を公開して削除したりするなど不自然な行動が目立ちました。

当然、執行猶予中の身でありながら支離滅裂な内容を好き勝手に発信する家族はいい気持ちにはなりません。

そこで、ASKAさんの奥さんである洋子夫人(61)はある決断します。医師や弁護士と相談して、東京八王子市にある恩方病院の閉鎖病棟へ強制入院させることにしたのです。

閉鎖病棟に入ると、当然外部と連絡がとれるものはすべて没収されます。携帯電話、パソコンを持ち込めるわけがありません。しかも、入院してからの10日間は部屋に鍵をかけられる軟禁状態です。もちろん、鍵は外からしか開けることはできません。

夫を絶対に更生させるという強い気持ちの表れだったのだと思います。しかし、家族の強い気持ちに対してASKAさんは恨みを募らせたといいます。

おそらく本人は「自分はもう大丈夫」だと思い込んでいますから、強制入院させられることに強い不満をもっても不思議ではありません。

思い出の不動産を処分(2)

クスリをやっていた場所にいくと、その時の記憶がフラッシュバックして苦しい思いをするといいます。

そのため、洋子夫人はASKAさんの更生のために札幌のマンションを昨年売却しました。それだけでなく、クスリの思い出がある書斎も改装します。

さらに、今年7月には自宅付近にあるマンションも売却に踏み切ります。このマンションは、ASKAさんが家族と離れて音楽制作をするために利用していた場所です。ミュージシャンの妻が夫の仕事部屋を処分するのですから、苦渋の決断だったことでしょう。

娘はシンガーソングライターで成功する夢を諦める(3)

ASKAさんの一人娘は、シンガーソングライターの仕事をしていました。

上記動画は、「君と空」というギターの弾き語りです。(動画開始4分~)

しかし、ASKAさんの逮捕を機にシンガーソングライターの仕事を辞め、高級ホテルのスタッフとして勤めているそうです。

父親が完全復帰しない限り、どうしても色眼鏡で見られてしまいますから苦渋の決断だったでしょう。美人ですし残念です。

長男は更生計画(4)

長男は元ミュージシャンだったのですが、現在は母の事業を手伝っているようです。

母と一緒にASKAさんの病院に面会しにいったり、最近ではASKAさんの更生計画を弁護士の先生と相談するなどしていたといわれています。

しかし、家族一丸となったASKAさんの更生計画はすべて水の泡になってしまいました。

一体何が悪かったのでしょうか?

ASKAさんの裏切り

ASKAさんは、2016年5月になると強制入院先だった八王子の病院から九州の病院へと転院します。強引に実家の父に頼み込んで実現したといわれています。

退院した経緯はわかりませんが、九州の病院への転院が悪い方向にASKAさんを導いてしまったのではないかと思います。

支援してくれる家族から離れることで、自由な時間をもってしまったASKAさんは福岡と東京を行き来する生活を始めます。そして、東京では自宅に姿を現すことはなく高級ホテルへと入り浸るようになってしまうのです。

自宅付近で音楽制作部屋として利用していたマンションを処分されたことが皮肉なことに、ASKAさんが家族と距離をおく口実をつくってしまったのかもしれません。

まとめ

現在、洋子夫人は悲嘆にくれているといいます。

彼女は『家族がどれだけ頑張っても、彼を立ち直らせることができなかった』と悲しみに暮れているそうです。心が折れてしまったいま、離婚という決断は避けられないかもしれません。(音楽関係者)
【引用:2016年12月20日号 女性自身】

さらに、洋子夫人の母も複雑な気持ちで以下のようにコメントしています。

これから離婚するかどうかなんて、私にはわかりませんよ。だって、それは夫婦で決めることですから・・・・。ただ今度のことでね、私はもう(ASKA容疑者のことを)見るのも嫌、聞くのも嫌になりました。今では、このニュースが流れたらテレビを消すんです。けど向こうのご両親だって、本当にすごくいい方なんですよ。だからご両親のことを思うと、涙が出てきます。すごく悲しいです。でも、もうあの人と関わりたくないんですよ・・・(洋子夫人の母)
【引用:2016年12月20日号 女性自身】

ASKAさんが作成中だったアルバムの内容に興味がある方は多いと思いますが、おそらく当分の聞くことはできないでしょう。

484
Return Top