Simple LifeHack

Simple LifeHack

不倫アナウンサー列伝~清廉性なんて1mmも感じない話10選

不倫アナウンサー列伝~清廉性なんて1mmも感じない話10選

報道に関わる女子アナには清廉性が必要だと一般的にはいわれています。

しかし、現実をみればそれが嘘っぱちであることは誰の目にも明らかです。

テレビの顔として活躍していながら不倫の道に走った女子アナと当時の報道をまとめています。

不倫女子アナの歴史

  1. 田丸美寿々(元フジテレビ:1982年発覚)
  2. 小宮悦子(元テレビ朝日:1988年発覚)
  3. 近藤サト(元フジテレビ:1996年発覚)
  4. 丸川珠代(元テレビ朝日:1998年発覚)
  5. 有働由美子(NHK:2000年発覚)
  6. 古瀬絵里(元NHK:2003年発覚)
  7. 徳永有美(元テレビ朝日)
  8. 山本モナ(TBS:2006年発覚)
  9. 矢島悠子(元テレビ朝日:2011年発覚)
  10. 田中萌(テレビ朝日)

田丸美寿々(1)

田丸美寿々

元フジテレビの田丸美寿々さんは、才色兼備のキャスターとして人気でした。

しかし、人気絶頂の1982年にフリージャーナリスト男性との不倫が発覚してしまいます。

この男性は、結婚しており奥さんは妊娠中でした。しかし、不倫報道をキッカケにフリージャーナリストは奥さんと離婚します。

奥さんとしても妊娠中に夫が人気アナウンサーと不倫していることがわかり、さぞかし恨んだと思います。

そして不倫が発覚した翌年の1983年2月には、田丸美寿々さんはこの男性と入籍しました。

客観的にみればどこからみても略奪愛だったのですが、田丸美寿々さんの認識は「奪ったのではなく、譲ってもらった」でした。

この田丸美寿々の発言に「それはないだろ」と納得しない世間から大バッシングをうけます。そのため、入籍から1ヶ月後の1983年3月に田丸美寿々さんはフジテレビを退社にまで追い込まれました。

田丸美寿々さんとフリージャーナリストの男性との結末ですが、1991年2月に離婚しています。わずか8年の結婚生活でした。

小宮悦子(2)

小宮悦子

小宮悦子さんも不倫が報じられた過去があります。小宮悦子さんが28歳だった1988年3月のことでした。

当時のニュースステーションは、今までと全く違う形の報道番組を目指すというコンセプトの元、久米宏さんと小宮悦子さんが番組の顔となって頑張っていた頃です。

しかし、ニュースステーションのスタッフのマンションから朝帰りする姿をキャッチされてしまいます。問題視されたのは、小宮悦子さんが既婚者だったことです。1984年にコピーライターの男性と結婚していたのに、まさかの裏切りでした。

この不倫報道がキッカケなのかわかりませんが、報道の翌年の1989年に夫から離婚を切り出されたといわれています。

さて、小宮悦子さんの不倫騒動はこれで終わることはありませんでした。

小宮悦子さんは、1度目の離婚騒動から6年後(1994年)の36歳の時に、テレビ番組制作ディレクターの河島正三郎さんから求婚されたため、極秘で再婚しました。河島さんが小宮さんよりも10歳年下だったことも注目されていました。

小宮悦子さんは再婚時の気分を問われて「一生添い遂げたい」と語っていましたが、それが叶うことはありませんでした。

再婚から7年後の2001年に、夫が人妻とW不倫していることが明らかになったのです。慰謝料を求める争いの末、離婚に発展しました。

近藤サト(3)

近藤サト

近藤サトさんは、人気歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんとの不倫が報じられた過去があります。

三津五郎さんは元宝塚の男役だった寿ひずるさんと結婚していた既婚者だったため、問題視されました。しかも、寿ひずるさんとの間には3人の子供もいました。現在では、3人の子供の一人のうち、「坂東巳之助」が2代目当主として活躍しています。

歌舞伎役者の不倫は芸の肥やしとして寛大に見られていた時代ですから、将来の跡継ぎの母である奥さんとは離婚しないと思われていました。しかし、大方の予想を裏切り三津五郎さんは妻と協議離婚しています。

そして、近藤サトさんは1998年に梨園入りを果たします。(この時、現在家元の息子さんは9歳だったので辛かったでしょう)

しかし、梨園入りした近藤サトさんを快く迎えてくれる人は少なかったといわれています。

再婚後三津五郎さんの両親が相次いで亡くなったこともあり、「縁起の悪い女」と陰口を叩かれることもあったと報じられています。

結局、入籍から1年7ヶ月しか経過していない2000年6月に離婚が成立しました。

離婚会見では、近藤サトさんの恨み節がとまりませんでした。「私は子供ができることを望んでいたのに誰かの意思により阻まれた」とコメントしています。「誰か」とは三津五郎さん、一族の方達だったといわれています。

近藤サトさんに子供が生まれると跡目争いが起きるのは確実ですから、それを避けたい大人の事情があったと推測します。

三津五郎さんは2015年にお亡くなりになりましたが、近藤サトさんは葬儀に参加していません。(ちなみに、前妻も参加しなかったと報じられています。)

丸川珠代(4)

丸川珠代

五輪担当大臣として政治家らしい嘘くさい笑顔も板についてきた丸川珠代さんも元テレビ朝日のアナウンサーです。

政治家になるや「当事者でもないのに批判してばかりのテレビは正直嫌だった」と悪びれるようすもなく語る丸川珠代さんの変わり身の早さには感服します。

さて、丸川珠代さんも不倫経験者です。(昔はあなたも愚か者だったんでしょうか、、、、残念、、、、)

1998年にテレビ朝日のプロデューサーと社内不倫が発覚します。プロデューサーの男性は丸川珠代さんとの交際を認め、妻と離婚します。

しかし、丸川珠代さんがプロデューサーの男性と結婚することはありませんでした。騒動後まもなく破局したそうです。

破局してアナウンサーを続けるものの、プロデューサーと不倫していたわけですから仕事はしずらいでしょう。そんな彼女への温情が女子アナとしては異例のニューヨーク勤務だったといわれています。そして、このニューヨーク勤務の経験が政治家を志したキッカケだとも囁かれているのです。不倫がキッカケで政界に転身することになるのですから、人生何が起こるかわかりません。

現在では、大塚拓議員と結婚しています。

有働由美子(5)

有働由美子

生放送中の発言で度々物議を醸す有働由美子アナには、不倫疑惑が報じられた過去があります。

2000年9月に横浜ベイスターズの人気選手だった石井琢朗選手の自宅に変装(サングラスにかつら)して訪問する姿が報じられました。

有働由美子アナが不倫疑惑について発言することはありませんでしたが、石井琢朗選手は「いい付き合いをしています」と堂々と交際宣言をしています。

これだけなら特に問題はなかったのですが、この騒動が明らかになったタイミングは石井琢朗さんが元妻と離婚したわずか2か月後でした。

「私も娘も”略奪愛”だと思っています」と元妻の父が語ったことで騒動に火が付きました。騒動の影響がどの程度あったかわかりませんが、有働由美子アナの恋が身を結ぶことはなく今でも独身です。

古瀬絵里(6)

古瀬絵里

NHK山形の契約キャスターだった山瀬絵里さんは、スイカップの相性で大人気でした。

しかし、2003年7月にJリーグ・モンテディオ山形の監督をしていた柱谷幸一さんとの不倫疑惑が報じられてしまいます。(元ヴェルディ川崎の柱谷哲司さんは、幸一さんの弟です)

不倫騒動から8ヶ月後の2004年3月に、NHKは「契約期間満了」として山瀬さんとの契約を延長しませんでした。

一方で妻子がありながら独身女性と交際した柱谷幸一さんは、監督を実施的に解任(騒動後休養を発表し退任)されています。子供に夢を与えなければいけない職業についている自覚が全くなかったようです。

徳永有美(7)

徳永有美

徳永有美さんといえば、ウッチャンナンチャン内村知良さんの妻として知られています。しかし、徳永さんと内村さんは再婚です。

徳永さんは、2001年に同期入社のディレクターと結婚(初婚)しています。

しかし、結婚してから2年後の2003年4月に内村さんとの不倫温泉旅行が発覚します。この騒動が原因で、「スーパーモーニング」と「内村プロデュース」を降板しています。そこから徳永さんは夫と泥沼の離婚裁判を経て、最後は協議離婚が成立しています。

協議離婚の条件として、「徳永さんが住宅ローンの残債2000万円を支払うことと」、「キャスターに復帰する場合は二度と内村と会わない」などが条件だったといわれています。

しかし、「内村光良と二度と会わない」という約束が守られることはなく、2004年8月に復縁をスクープされたことを機に二人は結婚します。

山本モナ(8)

山本モナ

NEWS23のキャスターに抜擢された直後に、細野豪志議員(既婚者)との「路チュー不倫」がフライデーされてしまいます。そのため、NEWS23をわずか5日で降板しています。

謹慎期間を経て再びカムバックするもキャスター復帰した「サキヨミ」の初回放送終了後に、巨人の二岡智宏選手と五反田のラブホテル入りが激写されてしまいます。

わずか1日で復帰した番組を降板するという嘘のような本当の話です。もうこれ以上記録を更新できないというレベルです。

ちなみに、サキヨミ復帰時のキャッチコピーは「私は、私に、リベンジするの」です。これまた嘘のような本当の話です。

周囲の誰もが「何やってんの?」と思ったでしょうね。

山本モナさんは2011年に夫の要望により芸能界を引退しましたが、その2年後の2013年に再度復帰しているようですが、二度も壊した信用は簡単に修復されないようです。

矢島悠子(9)

矢島悠子

報道ステーションSUNDAYにレポーターとして活躍している矢島悠子アナに不倫疑惑が報じられています。

不倫疑惑が報じられたのは2016年10月のことです。2011年に16歳年上の男性と結婚したにも関わらず、番組制作会社社長の自宅に入り浸る姿が週刊文春に報じられました。(2016年10月20日号)

矢島アナは既に夫とは別居しているそうですから、不貞行為を理由に離婚を請求するのは難しいと思います。きっと、離婚条件でもめているか夫が離婚したくないと粘っているのだと推測します。

田中萌(10)

田中萌

2016年は不倫イヤーでした。2016年新語・流行語大賞では「ゲス不倫」がTOP10に入りました。

週刊文春の記者が流行語大賞の授賞式で「次の文春砲は12月上旬」とコメントしていた様子を、爽やかな笑顔で紹介していた女子アナがまさか現在進行形で不倫していたのは衝撃でした。

朝の情報番組の「グッド!モーニング」で活躍していた「田中萌」アナと「加藤泰平」アナが同じ番組内で働く間柄だったにも関わらず不倫していたのです。

加藤泰平さんは既婚者ですから、田中萌さんは倫理的にやってはいけないことをやってしまいました。

5972
Return Top