Simple LifeHack

Simple LifeHack

【稀代のワル!羽賀研二】現在は沖縄で不動産オーナーの裏側

【稀代のワル!羽賀研二】現在は沖縄で不動産オーナーの裏側

いいとものダンサー

梅宮アンナさんの元彼

宝石商を営む実業家

沖縄で飲食店経営

そして2017年1月現在、羽賀研二さんは「沖縄刑務所」にいます。

羽賀研二さんの現在の様子を調べてみると、色々と興味深い事実が明らかになりました。

なんと、刑務所にいながらにして不動産オーナーになっているというのです。

どういうことなのでしょうか?

羽賀研二さんの近年の事情から振り返っていきたいと思います。

羽賀研二さんの過去10年振り返り

羽賀研二さんは、2013年に懲役6年の刑が確定しています。

詐欺」と「恐喝未遂」での逮捕でした。

そもそも、どんな詐欺を働き、どんな恐喝をしたのでしょうか?

どんな詐欺?

羽賀研二さんは、知り合いの実業家の男性に「未公開株」を「絶対に儲かる」としつこく勧誘していたのです。

この時点で「誰が騙されるのか?」と思いますよね?

詐欺に遭った男性は、そもそも株に興味がなく断ったのだといいます。

しかし、最終的には羽賀研二さんに3億円を貸してしまいます。

なぜ、3億もの大金を投資してしまったのでしょうか?

大金を貸した理由は、「破たんしたら全額補償する」という証書を作成したからです。

未公開株が紙くずになっても、3億円を羽賀研二が補償するなら。。」というわけです。

しかし結局は、羽賀研二さんは被害者男性を裏切ります。

どんな脅迫?

2006年6月、羽賀研二さんは、被害者男性をホテルに呼び出します。

すると、元ボクシング世界王者の渡辺二郎たちと裏家業の方々が待ち構えていたのです。

羽賀研二さんの要求は、「約3億7,000万円の借金を1,000万円に棒引きしろ」というものでした。

都合の良すぎる要求ですから、受け入れるわけにはいきません。

でも、被害者男性は書類にハンコを押してしまいます。

なぜか?

押さないと大阪湾に沈める」と脅迫されたからです。

その後被害者男性は警察に被害届を提出し、羽賀研二さんらは2007年6月に逮捕されています。そして、2013年3月には最高裁で罪が確定しています。

しかし、めでたしめでたしとはいきません。

なぜならば、被害者男性が羽賀研二に貸したお金は戻ってこなかったからです。

被害者男性は、お金が帰ってこなかったため、自宅ビルを手放したそうです。

このまま泣き寝入りしたくない!」と感じた男性は、羽賀研二に対して約4億円の損害賠償請求の民事裁判を起こします。

その結果、2016年10月に大阪地裁は、被害者男性の主張を全面的に認めた判決を下します。

羽賀研二に「全額3億9000万円の支払いを命じる」という判決です。

羽賀研二が自己破産しない理由

羽賀研二は、逮捕の1年前に一般人女性と結婚して長女をもうけています。

妻となった一般人女性は、週刊新潮(2014年8月14・21日号)の取材に対して、要約すると以下ように答えています。

仕事はレストランのコック。毎朝6時には家を出て帰宅するのは夜10時。夫が逮捕されて税金は支払えない。住んでいる家も税務署に差し押さえられている

この状況が本当であれば、羽賀研二には「自己破産」の道しか残されていないように思います。自己破産すれば、被害者男性にお金を支払わなくて済みます。

しかし、羽賀研二さんは自己破産の道を選ばずに「控訴」しました。

被害者の男性は、「なんで自己破産せずに控訴したのか?」と不思議でしょうがありませんでした。

しかし、被害者男性が詳しく調査すると、羽賀研二さんの資産について衝撃の事実が明らかになります。

なんと、総額4億円の不動産を沖縄で所有していたのです。

  • ビル3棟
  • 貸家2件
  • 軍用地を1つ

上記6つの不動産は全て羽賀研二さん名義だったといいます。

沖縄の不動産会社は、羽賀研二さんの資産について、以下のようにコメントしています。

ビルのテナント料や貸家の賃料などで、最低でも月々300万円は入ってくるでしょう。立地条件などを考えた不動産評価額としては、全部で3億円から4億円ぐらいだと思います。(沖縄の不動産業者)
【引用:2017年1月31日 週刊女性】

まとめ

羽賀研二さんは、被害者男性に「お金がなくて数百万円しか払えない」と主張し続けているそうです。

羽賀研二さんが逮捕された時、「アイツは稀代のワルです」とコメントした梅宮辰夫さんの言葉は正しかったのかもしれません。

6592
Return Top