Simple LifeHack

Simple LifeHack

松本潤さん本人の文春報道に対する反応が予想どおり!?

松本潤さん本人の文春報道に対する反応が予想どおり!?

松本潤さんは裏切り愛報道に対して周囲にどう説明しているのでしょうか?

井上真央さんを裏切り、某女優さんと4年にわたりお付き合いしていた事実が明らかになったのは、2016年12月28日の文春砲でした。

様々な芸能人が結婚・離婚報道を年末に報じる中、松本潤さんの裏切り愛報道は2017年になっても終わる気配がありません。

テレビをつけても、松本潤さんの熱愛報道を報じるテレビ局は皆無です。しかし、世間の関心は「松本潤さんが某女優さんとお付き合いしていたのか?」という1点です。

今回は、松本潤さんが裏切り愛報道に対して周囲にどう語っているかを紹介します。

松本潤の文春砲への反応

文春の記事を知って、心配した友人が潤に『大丈夫?』と連絡をしたそうなんです。彼は、『知らないふりし続けるしかないよね』と、声を落としていたといいます。(松本の知人)
【引用:2017年1月19日号 週刊文春】

放っておけばそのうち収まるっしょ』と虚勢を張りながらも焦っている様子だったとか(松本の知人)
【引用:2017年1月19日号 週刊文春】

そもそも、4年間松本潤さんとお付き合いしていたとされる葵つかさ(26)さんとは改めてどんな人物なのでしょうか?

葵つかさは「さんま」のお気に入り

2013年の27時間テレビで、明石家さんまさんがお気に入りの女性を3人挙げています。

  • 綾瀬はるか
  • 剛力彩芽
  • 葵つかさ

「葵つかさはカワイイ!」と大のお気に入りであることを公言しているのです。

綾瀬はるかさん、剛力彩芽さんらと同列に語られているのですから凄いです。

以下の動画がその時の様子です。

会話の内容は大人の会話になってしまうので割愛します。(笑)

もしかすると、明石家さんまさんは松本潤さんを羨望の眼差しで見ているかもしれませんね。

松本潤さんが口説き落とした!

明石家さんまさんも、ぞっこんの葵つかささん。

松本潤さんはどこで出会ったのでしょうか?

報道されている情報が確かであれば、2012年12月の中村勘三郎さんのお通夜が出会いのきっかけなのだそうです。

松本潤さんが葵つかささんに話掛けている姿は、多くの参列者に目撃されており、「松本潤さんが葵つかさを口説いた」という話題で当時は持ち切りだったそうです。

しかし、出会いから4年以上の年月が経過しているため、周囲は「まさか、まだ付き合ってたんだ!?」というのが正直な感想のようです。

なお、交際が始まった当時、葵つかささんは松本潤さんが井上真央さんと交際している事実を知らされてなかったそうです。

そのため、2016年5月には葵つかささん側から別れを切り出したのだそうです。

なぜならば、一方的に呼び出されて好きにされる待遇、井上真央さんとの交際に嫌気がさしたからだといわれています。一言で言えば「都合のいい女」から脱却したい一心だったのでしょう。

葵つかささんはボロボロ

今、葵つかささんはどうしているのでしょうか?

12月27日に以下のツイートを残したまま情報発信はありません。

松本潤さんのファンからは、罵詈雑言を浴びせられている様子です。

葵つかささんの所族事務所の社長は以下のように語っています。

いま、彼女は人前に出られるような精神状態ではありません。プライベートなことについてはお答えできません。女優というのは作品の中ですべてをさらけ出す仕事なんです。だからこそプライベートの部分は見せてはいけないと僕は考えているし、所属している子にもそう教育しています。今回の件は非常に迷惑しています。(葵つかさ 所属事務所社長)
【引用:2017年1月19日号 週刊文春】

まとめ

松本潤さんとそっち系の女優さんとの交際が発覚したため、そっち系の女優としてデビューしようと本気で考える女性も急増中だという噂もあります。

また、松本潤さんと同じ苗字の松本人志さんも2017年元日の「ワイドナショー」で以下のように語っています。

事務所の力関係とかで大きい事務所のスキャンダルとかは、扱えなかったりすることがやっぱりある。ネットで上位に上がっているのに、ワイドショーでは一切扱わないこの違和感は、テレビ秒界の人達はそろそろ気付いて欲しい。視聴者は、その違和感を感じてテレビから遠ざかっていることが、本当に悔しい。(松本人志)

発言のタイミング的に、松本潤さんの「裏切り愛」を報じれない悔しさがにじみ出た発言だと解釈します。

さて、2017年は嵐にとって、引退して神格化されたSMAPの後釜として本当に活躍できるのか真価が問われる一年なのかもしれません。

3856
Return Top