Simple LifeHack

Simple LifeHack

大和田夫妻(雅子さまの両親)が長期欠席・ほっそりした愛子さまとお会いした感想

大和田夫妻(雅子さまの両親)が長期欠席・ほっそりした愛子さまとお会いした感想

愛子さまの長期欠席・ほっそり姿による拒食症疑惑が報じられています。

そんな中、雅子さまのご両親である大和田夫妻が愛子さまとお会いしていたようなのです。

大和田夫妻が愛子さまとお会いした感想

雅子さまの父である「小和田恆」(おわだひさし)氏は現在84歳。

84歳といえば年金をもらって貯金を切り崩して暮らすのが一般的だと思います。しかし、小和田恆氏は現役の国際司法裁判所判事で活躍しています。任期は2021年まで残っていますから、オランダ・ハーグに在住しています。

そして、雅子さまはオックスフォード大学卒です。つまり、平たく言えばエリート一家なわけです。雅子さまへの教育方針が厳しかったであろうことは容易に想像できます。

愛子さまが学校を長期欠席するなんてことは、考えられない一大事だと考えても何ら不思議ではありません。

ある方は学生時代の雅子さまを『ご飯を食べるように勉強していた』と評したそうですが、大和田家の子育ては『為せば成る、為さねば成らぬ何事も』の”刻苦勉励”(注:こっくべんれい:ひたすら努力を重ね、苦労して勉学や仕事に励むこと)主義です。大和田夫妻には(注:愛子さまの)中間考査全欠席など考えられないことでしょう。緊急事態だと思われたでしょうね。
【引用:週刊文春2016年12月22日号】

期末試験は全部出席したとしても、大和田夫妻としては本当に大丈夫であることを確認すべく、孫の顔を拝んでおきたいと考えても不思議ではありません。

実は、大和田夫妻はオランダ・ハーグから一時帰国して愛子さまとお会いしたそうです。

かなり心配していたそうで『痩せてはいたけれど、思っていたより元気そうで、少しほっとした』とお帰りになりました。(東宮職関係者)
【引用:週刊文春2016年12月22日号】

まとめ

愛子さまは国民の多くが心配する対象です。

エネルギッシュに活動し、愛子さまご自身も幸せになって欲しいです。

Return Top