親の金は俺の金

手堅い投資

もうずっと昔の話です。わたしの友人が結婚し、マイホームの購入を検討しているという話を聞きました。

友人曰く、今度帰省する時に両親に援助をお願いするとのことでした。友人の父親は裕福な人だったので、親の金を頼ったのでしょう。

友人は「両親のお金はいずれ俺のお金になるのだから、両親から援助してもらうのは当然の権利」だと思っているかのような口ぶりだったので、親の遺産など期待できなかったわたしとしては「正直、わたしとは関係のない話だな」とぐらいにしか思っていませんでした。

しかし友人が親の金を自分のお金だと勝手に判断していたのと同じようなことを、わたしも無意識に考えるようになってしまったのです。

将来の金を当てにする

わたしの両親は「ドリームジャンボ宝くじ」があるたびに3万円ほど購入し、「1憶円が当選したら何をしよう?」と妄想してはニヤニヤしていました。

わたしは子どもながらに、将来手に入るかもわからないお金に期待するなんてナンセンスだと思ったものですが、怖いことにわたしも気づいた頃には「将来の金を当てにする」という奇妙な金銭感覚をもってしまっていました。

以前の講義で、わたしのサラリーマン時代の上司が「出世したいなら借金しろ!」とアドバイスしてくれたことを紹介したのですが覚えていますか?

「出世したいなら借金しろ!」というアドバイスも、実は「将来の金を当てにする」という金銭感覚がないと成り立たないのです。

なぜならば「出世したいなら借金しろ!」というアドバイスをもっと丁寧に表現すると、「頑張って仕事をしたら昇進し、昇進したら当然給料もUPするだろうから、借金しても返済することができるだろう。」ということだからです。

「将来のお金を当てにする」ということは、さも当然の価値観のように存在しています。

例えば、何千万円という住宅ローンを30年もの時間をかけて支払うと決断できるもの将来のお金を当てにしているからです。

またクレジットカードの世界では「ボーナス払い」という支払い方法が、さも当然であるかのように準備されています。

さて、ここで質問です。

あなたは将来のことを考えるのが得意なタイプでしょうか?

不安の正体 ⇒ わからない

ほとんどの大人は「あなたは10年後、何をやっていますか?」と質問されても「わからない」と答えるし、「日本の将来はどうなりますか?」と質問すれば「明るくはないと思います。」などと答えます。

未来は誰にもわからないし、明るい未来が描けないのにも関わらず、多くの日本人が「将来のお金を当てにする」という苦手なことに挑戦しているという現状は、冷静になって考えてみれば「異常」だと思います。

消費者金融のCMには「ご利用は計画的に」というメッセージが流れますが、金融業者は知っているのです。利用者の頭の中には「計画性」という3文字がないことを。

キャッシングを利用する人は「いくら何の用途で、どのカードから、総額いくら借りているのか?」ということすら曖昧なのです。そして驚くべきことに「いつ返済が終わるのか?」ということすら理解していません。

ですからいつも漠然とした不安と闘っているのですが、その不安の正体がなんであるか、当事者はわからないのです。

そもそも、、、、、、本当に「計画性」なんてものがあるならば、キャッシングのCMで描かれるような「突然お金が必要になる時」なんてものは滅多にやってこないはずなのです。

ほとんどの日本人は「お金は何か?」ということすらわかっておらず、金利の仕組みも、リボ払いの仕組も、何もかもわかっていません。わかっていないのですから「計画的」になれるはずもありません。

しかし、、、、『計画的』になれなければRICHになることは難しいでしょう。なぜならば『計画性』であることを諦めるということは、『無計画』にRICHになることを意味するからです。

「もしかしたらRICHになるかもしれないし、もしかしたらRICHになれないかもしれない」という、、、いわば、、、『博打』のような人生は、一生しかない人生であなたが望んでいたものでしょうか?

もし計画的にRICHになりたいのであれば、もう少しお付き合い下さい。

無知でもRICHになれる!

わたしがこれまで出会った人のなかに、「給料はすべて投資に回している。」という女性がいます。

生活費はすべて旦那さんの給料でなんとかするようにしており、自分の給料は「全額投資」に回しているのだそうです。

彼女はわたしにいいました。「黙って働いているだけで、どんどん資産が貯まっていくのでお金の心配は特にありません。」と。

彼女が頑張ったことは「収入よりも少ない支出で生活できるように知恵を絞った」ということです。

とっても単純ですよね?

利益率の高い賃貸物件をどうやって探すか?銀行からどうやってお金を借りるのか?ということも理解していません。

株取引でどうやって勝つか?ということはもちろん、FXとはなにかもよくわかっていないし、日経平均株価の仕組もよく理解していません。

起業するための必要な知識もほとんどないし、マーケティングの知識も、会計の知識も、セールスの知識もほとんどありません。

でも彼女は毎日楽しく生活しているし、お金の不安もありません。なぜ?不安がないのか???というと、、、、ズバリ『わからないことには手を出さないから』です。

とはいえ、ほとんどの人は「わからない」ことに「わからない」状態のまま挑戦しようとします。

その証拠に、多くの起業家は「売り上げが確保できるかよくわからない」という状態から抜け出せないまま、起業家としての寿命を終えます。

また多くの投資家は、自分が投資する企業の将来性についてよくわかっていないのに投資を決断し、運よく儲かれば「わたしの実力だ!」と嘘をつき、逆にお金を失えば「運が悪かった」と正直者になるのです。

つまりわたしがいいたいことは、「無知なら無知なりの戦い方がありますよ。」ということです。

具体的には「絶対にこれなら勝てる!!」と自信をもって挑戦できる戦略を立てたら、そのことだけに集中し、その他のことには一切手を出さないということを徹底するのです。

ここで大事なことは、「絶対にできる、と確信できるかどうか?」です。

ぶっちゃけた話、儲ける方法や手段なんてものは無数にあるし、誰もまだ気づいていないチャンスもたくさんあるでしょう。

ラーメン屋でも、プロゲーマーでも、ブロガーでも、その他無数にあるビジネスでも、株でも、FXでも、仮想通貨でも、、、なんでもいいんです。(もちろん、あなたが「絶対にできる」と確信できるのであればの条件付きです。)

もう一つの道もある

投資の神様ウォーレン・バフェット氏の資産は856億ドル(2019年時点)だそうですが、一日8時間は投資先の企業について勉強しているそうです。

ウォーレン・バフェット氏は、自分自身がビジネスモデルを理解できない企業には絶対に投資しないので、ITバブルの時ですら、IT企業に投資しなかったことでも有名です。

つまり投資の神様ですら、わからないことはやりたくないから、猛烈に勉強しているということです。つまりあなたには2つの選択肢があるということです↓↓↓↓

選択肢その1⇒「自分が今できることのなかで毎日着実にRICHになれる行動に集中する。」

選択肢その2⇒「RICHになるために圧倒的に勉強する。そして少しずつ戦略を増やしていく。」

いずれの選択肢を採用するにせよ、「成功する自信も覚悟ももてないなら、最初からやらないほうがマシ」ということです。もしわたしのアドバイスを無視すれば、RICHになれないことを他人の責任に転嫁する残念な人になる可能性が高いでしょう。

月利3%の投資

全国の約1万3,000人から460億円を集めていた巨額詐欺事件によって自らを『キング』と称していた男らが2019年2月に逮捕されました。月利3%の条件で出資を募っていたそうです。

月利3%ですから100万円が1年後に138万円なるということです。しかも『元本保証』。。。。。。さらに別の会員を紹介すると月利3%が月利4%になったというから驚きです。

少し考えれば『騙されている』ということはわかるはずなのですが、キングが主催するセミナーに登壇する経済学者や政治家(閣僚経験者級も参加していたらしい)の顔をみて信じてしまった人も多いのです。

詐欺被害者は『騙された!』と不満を漏らすでしょう。もちろん騙された人よりも騙す人のほうが悪いのですが、詐欺師に実刑判決が下ったところで騙された人のお金が返ってくるわけでもないのです。

ですからあなたがこれからRICHになるために何に挑戦しようと『騙された』といって100%相手が悪いと思ってはいけません。何かを信じた以上、信じた側にも責任が全くないわけではないのです。

最後に

驚くべきことに、わたしたちは『将来手に入るかもしれないお金』という想像上のお金にすら振り回されてしまうようなのですが、くれぐれも、、、、将来のお金を当てにしてはいけません。

もちろん将来のお金をあたかも『ある』ように妄想して気持ち良くなることもできます。しかし偽りの夢からは、、、、、いつかは覚めなければいけないのです。

偽りの夢から覚めた時には必ず不安や恐怖に恐れます。そして偽りの夢で獲得してきた甘美な気持ちは偽りの夢で補うのが手っ取り早いのですが、、、、、そうやって偽りの夢に釣られ続けていつまでもお金を失うことのないように・・・・・・

『こうすればお金持ちになりますよ。』、『こうすれば幸せになれますよ。』などの他人からの意見は基本的にすべて幻想です。

幻想をリアルにする確実な方法は、偽りの夢を囁く他人からの言葉に耳をふさぎ、あなたが信じることのできる夢を自分で描くことです。

自分の夢がよくわからないなら勉強してください。視野を広げてください。もっと知らないことを知ってください。

もし勉強もしたくないし、行動もしなくないし、視野を広げたくないなら、、、、、、RICHになるために確実にできることに集中するのです。あなたがRICHになることを祈っています。

■ 次はコチラ

no一生『資産持ち』になれない人

■ 経済的自立マインドとは?

貧乏から抜け出すには貧乏から抜け出す『信念』とは?