資産を構築する方法

資産を構築する方法

学校では「資産構築」について「ほとんどなにも」教えてくれません。

なぜならば学校は基本的には「労働者育成機関」であり「資産家育成機関」ではないからです。

義務教育だけでも9年の年月を費やす必要がありますが、あなたは資産を構築するためにどのような知識をどれくらいの期間、学習したり実践してきたででしょうか?

おそらく大人になっても「ほとんどなにも」という人が多いと思います。結果的に「貯金は安心、投資は怖い、起業すれば倒産する。だから節約や断捨離しかできることがない。」と信じ込んでいる人も多いのではないでしょうか?

もしあなたが「今の自分を変えてでも資産を構築していきたい」と願うなら、これから解説する「資産構築の基礎」は参考になるだろうと思います。

しかしその前にお伝えしなければいけない注意点があります。

わたしは外資系の経営コンサルタントを辞めて脱サラし、現在ライフコーチとして将来のお金の不安のない生活を送っていますが、わたしより資産をもっている人はウジャウジャいるし、わたしが真実だと思っていることが絶対的に正しいという保証はないということです。

残念ながら世の中に出回っている成功法則や資産構築のノウハウは科学ではありません。「実験室で同一条件で実験をすれば毎回同じような結果がでる」という類のものではないのです。

この記事を読んでいる読者の『環境』も『価値観』もすべてが異なるのが当たり前である以上、「自販機にお金を入れてボタンを押せばジュースが出てくる」ほどの再現性を担保できる方法論を提示することは極めて難しいということはご理解ください。

わたしがあなたに期待することは「何を信じるか?」を、あなたに決めてもらうことです。わたしはそのための材料を提供したいと思います。

価値観 編

「貧乏人とお金持ちの最大の違いは心の中にある」という点について詳しく解説しています。

貧乏から抜け出すには貧乏から抜け出す『信念』とは?

原則 編

お金持ちになる 原則資産家になる原則とは?